カラーコーディネート

色のバランスで部屋が変わる!!

インテリアで一番悩むのが色彩。

「どんな色をどこにどれくらいの分量でどんな風につかう。」

これが難しいんです。



インテリアで使う色の基本的な考え方をお知らせします。


部屋の中心となる色「アソートカラー(協調色)」

アソートカラーは空間の25%と目安として使用します。

ある程度の空間を使いますので、中彩度くらいの色がよく使われます。



アソートカラーを映えさせる色「ベーシックカラー(基調色)」

空間の70%を目安に使います。

この色は床や天井、壁などに使用しますのでかなりの面積を

この色で覆います。

一般的に高明度低彩度の色が使われます。



変化をつける色「アクセントカラー(強調色)」

空間を引き締める役目があるので、5%程度加えます。

小さなアイテムにこのアクセントカラーを用います。

例えばクッションやインテリア小物など・・・




このカラーを使いこなすことで効率的にカラーコーディネート

が出来るはずですよ!!

futta1209s.jpg

家具 インテリア

無駄のないインテリア術

不況になり

「インテリアにこだわっている状態じゃない。」

と嘆いているあなた・・・



インテリアを考えることで、

節約をすることが可能ですよ!!



インテリアといえば、カーテンやカーペットといった物を

考えがち・・・



しかし、光熱費などの省エネを考えるのも

インテリアコーディネートには大切な部分です。



生活や家事の動線を考えたレイアウトや設備の設置。

これが重要なんです。

自分で決められないと思ったら、プロに任せるのもあり。


人が求めるレベルはそれぞれで家族の中でも意見が食い違います。

しかし、安全で快適に過ごしたい・・・

できるだけ、ストレスを少なくし落ち着いた生活を送りたいものです。



そんなストレスを感じた時は、是非、別に購入する必要はないので

家具の配置を変えてみてください。

きっと、何かが変わるはずです。

部屋 インテリア

快適に暮らすインテリア

居住空間は快適であってほしい。

それは誰でも考えることです。



居住空間を快適にするには、

見た目などの五感から感じる心理的部分と

空調などの温度や湿度、照明などの照度といった

物理的部分の両面で満足しないといけません。



趣味である書籍を読む場合、

暗い照明が心を落ち着かせますが、

字が読めなかったら困ります。


こういった場合、周りの照明を落としても、

手元に明かりを置くことで

趣味を楽しむことができます。


このように、インテリアはその人のセンスや

配置などを十分に考える必要があります。

<<前の3件  1 2 3  次の3件>>


Powered by Seesaa
クリック証券
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。