カラーコーディネート

色のバランスで部屋が変わる!!

インテリアで一番悩むのが色彩。

「どんな色をどこにどれくらいの分量でどんな風につかう。」

これが難しいんです。



インテリアで使う色の基本的な考え方をお知らせします。


部屋の中心となる色「アソートカラー(協調色)」

アソートカラーは空間の25%と目安として使用します。

ある程度の空間を使いますので、中彩度くらいの色がよく使われます。



アソートカラーを映えさせる色「ベーシックカラー(基調色)」

空間の70%を目安に使います。

この色は床や天井、壁などに使用しますのでかなりの面積を

この色で覆います。

一般的に高明度低彩度の色が使われます。



変化をつける色「アクセントカラー(強調色)」

空間を引き締める役目があるので、5%程度加えます。

小さなアイテムにこのアクセントカラーを用います。

例えばクッションやインテリア小物など・・・




このカラーを使いこなすことで効率的にカラーコーディネート

が出来るはずですよ!!

futta1209s.jpg

Powered by Seesaa
クリック証券
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。