部屋 インテリア

海外映画に学ぶインテリア

かつて日本は襖などの絵柄を楽しむ風習があった。

しかし、今は「無難」という言葉が頭に浮かび、

大抵の壁は白を基調とした色になっている。




海外映画をみると、

最初に目に飛び込んでくるのが

あの楽しいそうな壁の色・・・


部屋を自分でペイントするのも思い浮かぶ。



日本はいつから遊び心をわすれたのだろう。



壁がしめる面積は大きい。

インテリアを自分流にしたいのならば、

家具や雑貨だけではなく、壁にもこだわってみては・・・



壁を変えるのはちょっと・・・と思うあなたは

壁に飾る絵や小物にこだわってみよう。



きっと、自分が思い描いた部屋が完成するはずです。

部屋 インテリア

快適に暮らすインテリア

居住空間は快適であってほしい。

それは誰でも考えることです。



居住空間を快適にするには、

見た目などの五感から感じる心理的部分と

空調などの温度や湿度、照明などの照度といった

物理的部分の両面で満足しないといけません。



趣味である書籍を読む場合、

暗い照明が心を落ち着かせますが、

字が読めなかったら困ります。


こういった場合、周りの照明を落としても、

手元に明かりを置くことで

趣味を楽しむことができます。


このように、インテリアはその人のセンスや

配置などを十分に考える必要があります。

Powered by Seesaa
クリック証券
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。